いま話題のニコチンなしの電子タバコ(VAPE)!パルファン(Parfum)の価格と使い方

爆煙で吸いごたえ抜群のParfum(パルファン)

 

 

Parfum(パルファン)は香りに特化して製造されているため、濃厚な味わいと手軽に爆煙が楽しめる吸いごたえには確かなものがある電子タバコ(VAPE)といえます。

フレーバーは全5種類で、スペアミントメンソール・ブルーベリーメンソール・パッションフルーツ・コーヒー・エナジードリンクがあります。

 

 

従来のタバコのような感触をお求めの方には、スペアミントメンソールやブルーベリーメンソールといったメンソールのフレーバーがオススメといえるでしょう。

メンソールには、タバコと当たらなくても遠くない中毒性があるといわれているため、タバコの代替品としての電子タバコの使用には、メンソールのフレーバーが適しているといえるでしょう。

甘い味が好きでない方にはコーヒー味がオススメです。Parfum(パルファン)の吸いごたえは、煙の量も多く、手軽にどこでも爆煙を堪能できるのもVAPEの魅力といえるでしょう。

 

電子タバコ(VAPE)使用禁止の場所はある?

 

使用場所によるルール

世界的なスケールでの禁煙化の時流によって、喫煙に対する反応はより一層ナーバスなってきていますが、電子タバコ(VAPE)における喫煙所以外でのルールやマナーはどのようになってきているのでしょうか。

ニコチン・タール不使用の電子タバコは、場所を選ばずに使用可能なところが利点で、従来のタバコに比べれば社会的な風当たりは強くはないでしょう。

路上における電子タバコ(VAPE)の使用は、地域や自治体によって対応が違っています。歩きタバコが社会問題になって久しい一方で、電子タバコ(VAPE)はまだ歴史が浅い点もあるため、従来のタバコとの明確な線引きをしている自治体は少ないといえます。

その反面、たとえルール上禁止されていない場所でも、人混みや通学路はマナー違反に相当する場合もあり、路上での使用の際には、人通りや場所の確認が必要です。

 

飲食店における電子タバコ(VAPE)の使用は、店にもよりますが、禁煙の店内・席での使用は可能です。多くの飲食店における禁煙化・分煙化が進んでいる中で、電子タバコ(VAPE)の蒸気の健康への影響の少なさ・臭いを気にせず使用可能な点が、従来のタバコとは別物という認識されていることが多いためです。

「電子タバコ(VAPE)の使用禁止」と明記されている店では使用不可能ですが、それ以外の場所での使用はマナー違反にはならないでしょう。

 

その一方で、ルール違反にはならない場合でも、蒸気が上がることで「マナー違反」とみなされる可能性もあります。非喫煙者から見ると、従来のタバコと電子タバコ(VAPE)、煙と蒸気の見分けがつきにくいことから、気分を害する人が出てきてしまうからです。

禁煙の店なのに喫煙者がいるという誤解からクレームや店の迷惑に発展してしまうこともあるため、喫煙可能な飲食店や、分煙化をしている飲食店の喫煙席の利用の際には事前に店への電子タバコ(VAPE)の使用可否の確認が必要です。

病院のように、場所柄によっては全面禁止にせざるを得ない施設や、電子タバコ(VAPE)に対して従来のタバコと同様の措置をとっている施設も少なからずありますが、電子タバコ(VAPE)への理解が進みつつある昨今、使用可能な場所は増加傾向にあり、今後もこの傾向は続いていく可能性が高そうです。

 

 

Parfum(パルファン)の価格と購入方法

 

Parfum(パルファン)は、インターネットの公式サイトでのみ購入可能です。

通常価格では、送料無料・消費税込みで4,180円です。

これに対して、定期購入では、初回限定で送料無料・消費税込みで980円です。

2回目以降は1500円OFFで購入でき、1か月毎に2か月分を自動でお届けするシステムです。

次回お届け予定日の10日前までにお電話での連絡によって解約可能です。

パルファン公式サイトはこちら

 

Parfum(パルファン)の使い方

Parfum(パルファン)の使い方は全部で4段階と非常に簡単です。

 

 

  1. 箱から取り出す
  2. キャップを外して吸う
  3. 煙が出なくなる
  4.  煙が出なくなったらゴミ箱へ

上記のように、わずか4つのプロセスで完了するうえにメンテナンスも不要なため、

手軽さや手入れの手間という面でも使いやすいといえるでしょう。

 

まとめ

 

Parfum(パルファン)は、電子タバコの1種にして、従来のタバコの代替品ともいえる嗜好品です。

使い方はわずか4ステップと手軽で、価格は定期購入の利用によってリーズナブルに抑えることができます。

気になった方は、この機会にぜひ一度Parfum(パルファン)を試してみてください。