パルファン(Parfum)は加熱式タバコと何が違う?

 

Parfum(パルファン)などの電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違い

 

ここ数年において注目度や需要が高まりつつある電子タバコ(VAPE)ですが、従来のタバコの代替品としてのポジションに位置づけされている加熱式タバコとの相違点に関して、深堀していきたいと思います。

喫煙や喫煙者に対する規制が世界規模で厳しくなってきている時流を受けて、従来のタバコからの切り替えや、代替品に迷う人が増加傾向にあります。代替品として好まれたり、選ばれたりしがちなアイテムとしては、電子タバコと加熱式タバコがありますが、実は、両者には大きな違いがありました。

 

電子タバコとは、リキッドを加熱して発生する蒸気を吸引することで香りを嗜む嗜好品です。リキッドに含まれる香料(フレーバー)によって様々な風味の蒸気を堪能できるのも醍醐味の1つです。現在では、フレーバーの種類も多彩で、豊富なラインナップの中から好みや気分で選ぶこともでき、フレーバー同士の組み合わせによって新しくフレーバーを作り出す楽しみもあり、嗜み方の幅も広く飽きが来にくい点も魅力の1つです。

海外製品の中には、ニコチン・タールを含有する商品も存在するのに対して、日本で市場に流通している商品に関しては、有害物質が含有されていないのも特長といえるでしょう。

 

電子タバコの利点としては、従来にみられるタバコ特有の臭いの心配が無用なため、日常生活の中で使用しやすく、蒸気をまとう姿に風情を感じる人も少なからずいます。

おしゃれアイテムとしての注目度や需要も高まりを見せています。電子タバコに関しては、カートリッジの中身がリキッドで、このリキッドに熱を加えて蒸気を発生させます。

 

 

一方、アイコスやプルームテックなどに代表される「加熱式タバコ」とは、ライターではなく電子機器によってタバコ葉を加熱して使用するアイテムです。電子タバコとの相違点は、タバコ葉の使用の有無です。

加熱式タバコは、電子機器によってタバコ葉に熱に加えることで、発生する蒸気を嗜む所謂「タバコ製品」の1種です。タバコ葉に加える熱が火よりも低温で、従来のタバコと比較して臭いや煙が軽減されるものの、ニコチン・タールを含有している点や、それ故に加熱式タバコ特有の臭いが発生する点には注意が必要です。

加熱式タバコに関しては、カートリッジの中身がタバコ葉で、電子機器によってタバコ葉に熱を加えて、発生する蒸気を嗜むという仕組みです。

 

両者の違いには、バッテリーの仕様・吸い殻・購入場所という点もあります。バッテリーの仕様に関しては、電子タバコ・加熱式タバコともに充電が必要ですが、充電の頻度に違いがあり、電子タバコが1度の充電によって1日からそれ以上に使用可能なのに対して、加熱式タバコは1本の吸引ごとに充電が必要で、ここ数年では改良が進んでいるものの、充電にまつわる快適性は、電子タバコの方が使いやすいといえそうです。

吸い殻に関しては、電子タバコは、タバコ葉不使用のため、吸い殻は出ないものの、商品によってはメンテナンスが必要な商品とメンテナンス不要な商品があります。加熱式タバコはタバコ葉を使用することで吸い殻が発生するため、定期的な吸い殻の掃除が必要です。

購入場所に関しては、加熱式タバコはコンビニエンスストアで購入できるのに対して、電子タバコはインターネットでの購入が一般的と、入手できる範囲がまだ限られているといえます。

 

 

Parfum(パルファン)をおすすめするのはこんな人

 

 

Parfum(パルファン)が合う人としては、下記のような特徴が挙げられます。

 

【メンテナンス不要なものを好む方】

Parfum(パルファン)は、電子タバコの中でも器具のお手入れを必要としないため、メンテナンスの手間を省きたい方には最適といえるでしょう。

 

【衛生的な面を重視する方】

Parfum(パルファン)は使い捨て商品のため、衛生的に使用して頂けます。

 

【健康を意識している方】

ニコチン・タールが含有されていないので、健康に配慮したリフレッシュ・リラックスが可能です。

 

【多彩なフレーバーを楽しみたい方】

Parfum(パルファン)のフレーバーには、全部で5種類あり、

ミント、エナジードリンク、ブルーベリー、パッションフルーツ、コーヒーがあります。

 

 

香りにこだわる方にも、飽きが来にくく、継続的な使用や、楽しんで頂けると思います。

Parfum公式ページはこちら

 

まとめ

 

Parfum(パルファン)と加熱式タバコは、従来のタバコの代替品にして、商品の構造や使い方に違いがあります。

Parfum(パルファン)は、たばこ葉の使用がない点から安心して使用できるタバコに代わる新たな注目の嗜好品といえるでしょう。
Parfum公式ページ